« 2012年8月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月 5日 (土)

2012-13ストーブリーグ、正月あたりまで過ぎての雑感

まだ、全体の趨勢は見えていないけれども、正月5日時点の印象をエントリ。

ミシェウと鈴木大輔&石川直樹がチームを離れたことによって、攻守ともに本格的に「ご破算で願いましては」感が強くなってきた。

攻撃および興業の核であろう田中達也が、オレンジのユニフォームを着て前線で機動するサッカーというのは、まだうまく想像できないが、昨年の平井のようにまったくフィットしないとちょっとダメージが大きいので、キャンプから怪我をせず、開幕以降もノリノリでお願いしたいところだ。

ブラジル人フォワードはどうするのだろうか。

twitter界隈や2012年のPREVIEWの総集編などを眺めると、「わかっている」熱いサポのみなさんのフロント批判が、ごうごうと渦巻いていてたいへん驚いてしまうけれども、率直にいって新潟のフロントは、厳しい台所事情のなかで、いろいろがんばっているのではないかと思う。

額面はわからないが、移籍金が発生するようなマネジメントを出来るようになっているのは大きな進歩だ。

今年の補強の見所は、新潟にしてはワンクラス上のグレードの選手らしいレオ・シルバがフィットするかどうかと、呼び戻した川又と田中達也、岡本らをどういう具合に組み合わせるかだろう。

昨年の春の補強は、キムジンス以外レギュラーをとっていないが、今年あたり熟成されてフィットしている可能性もあるわけだし、新メンバーも大当たりで、もうウハウハです、、てな感じであってもいいのではないか、たまには。

見所とかいっていられないのが守備面の維持とブラッシュアップなわけだが、こればかりは監督とコーチ陣の手腕をを信じるよりほかない。

レギュラーCBを毎年引っこ抜かれているのに堅守路線というのは、あたりのCBを引き続けていると考えるよりも、前線も含めてチーム全体が守備を優先しているからと考えるのが妥当だろうから、直樹&大輔コンビがいなくなったら、即守備崩壊というわけでもないだろう。

まぁなんであれ、夢と妄想が広がる季節ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2013年2月 »