« 2013年1月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年2月20日 (水)

10番の不在から、センチメンタルに2012年を振り返る

“奇跡の残留”のシーズンとしてしかアルビの歴史に刻まれないであろう2012年の記憶は、2013年2月中旬現在、在庫一掃セール終盤の陳列棚のように、がらんとしている。

前のシーズンの記憶などというものは、得てしてそういうものであるが、まぁ感傷的になれなくもない。

とくに、長く記憶の片隅にひっかかり続けそうな予感があるのは、ミシェウがボールを持ったときのなんともいえないわくわく感と、またかよというマンネリ感が交錯する独特の気分である。

ミシェウは、ここ2年くらいのアルビの攻撃の核であり、ミシェウ不在の試合は得点力が目に見えて落ちるくらいの中心選手であった。

一方で、モダンフットボール感がないプレイスタイルを真骨頂としている選手であったため、新潟の攻撃が低迷する一因にもなっていた。

スピードを極限まで0に近づけて、DFを引きつけたのちに詐術めいたフェイントであざやかにすりぬけていく様子は、魔法というかトリックというか、とにかく金を払ってみるべきものではあったが、欧州サッカーなどを見慣れたサッカーファンからしてみれば、前時代的なものに映っていたのであろう。

ミシェウのあのプレイスタイルは10番的ではなく、強いていうなら、7番とか11番を背負う選手の動きなのではないかと思うが、ミシェウはそのどちらの番号もつけず、8番をつけたのちマルシオリシャルデスから10番を引き継ぎ、そしてアルビを去っていった。

こういう背番号のちぐはぐさ加減も、地方のプロビンチャっぽい現象で、新潟の味わいのひとつであろう。

ミシェウがつけていたエースナンバー10番は、2013年開幕時には空白のままである。

今季はおそらく8番を背負ったレオ・シルバがやや後方から攻撃のタクトを振る、ややモダンなスタイルになるのではないか。

新潟の10番は伝統的にブラジル人のアタッカーのための番号であるが、ブラジル経済が好調でなかなかいい選手が引き当てられない昨今、もしかすると次の10番は、日本人か韓国人、あるいは別の国籍の選手が背負うことになるのかもしれない。

ユーミンの最後の春休み風のセンチメントを織り交ぜて、去っていった2012年とミシェウのプレイを思い起こそうとしてみたが、あまりセンチメンタルにならなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

2013年2月中旬のキャンプ雑感など

2013年2月中旬現在、アルビのキャンプは粛々とすすみ、いまのところ大きな怪我をした選手もいないようで、なかなか期待できそうである。

もっとも、サポーターの期待がキャンプ中に極大までふくらんで、そののち、開幕3試合くらいで一気に現実に引き戻されてしぼんでしまう、というのが春の新潟の風物詩なのだけれども(笑)。

キャンプ情報のチェックに精を出しているわけではないが、練習試合の結果やブログ界隈の下馬評などをみていると鹿島からやってきたFWの岡本が好調で結果を出しているようだ。

シーズンオフ中というのはサポーターは、選手のプレイスタイルや好不調よりも、選手の持っているストーリー性によって、あーでもないこーでもないと楽しんでしまうものである。

FWに関しては、新潟が珍しく招聘に成功したビッグネームである田中達也、帰ってきた川又、ダブルムサシなどが話題となっており、岡本はどちらかというとノーマークであった。

田中達也や川又なら、過去のキャリアや新潟との関わりを思い起こすだけでご飯が何杯でもおかわりできてしまうし、ダブルムサシであれば、彼らの将来性をいくらでも妄想できてしまうが、岡本の物語は、アルビ的にはすっぽりと空白な印象がある。

情報化社会である現代では、お話を組み立てようとすれば、簡単に素材が集められるので、たとえば、岡本がキャリアをスタートしたガンバに絡めて、昨季、不遇のままチームを去った平井と絡めたストーリーも構成できるし、ガンバ出身の苦労人というところでは、我らが船越優蔵のキャリアに重ねることも可能だ。

鹿島出身というところでも、いろいろをストーリーを用意することもできるだろう。

こういったプレイヤーズストーリーは、岡本が主軸に据えられ、好不調にサポーターが一喜一憂するようになれば無数に生み出されるに違いなく、そこも今シーズンに楽しみのひとつである。

がんばれ、岡本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年7月 »