« 【生観戦】2016年4月6日ナビスコ杯HOME川崎戦 | トップページ | 【備忘】2017シーズン開幕直前だが、あえていまさら2016シーズンを振り返る »

2016年4月26日 (火)

【録画観戦】2016年4月24日AWAY名古屋戦

試合当日は勤務日だったので、2日間寝かせて休日に録画観戦。



しょんぼりとした敗戦だったということは報道などで分かっていたので、観戦モチベーションは低かった。



ハッピーターンをぼりぼりむさぼり食いながらの観戦となった。



◇スターティングメンバーなど



GK:川浪



DF:小泉、舞行龍、大野、コルテース



アンカー: 小林



MF:ラファエル・シルバ、加藤、端山、田中達也



FW:山崎



舞行龍復帰が明るいニュース、レオ・シルバが出場停止というのが暗いニュースといったところ。



前半から4-1-4-1だったのか、それとも加藤を一列下げての4-4-2だったのかはよく分からなかった。



後半は、田中達也が一列あがっての4-4-2だったとのこと。



対する名古屋の台所事情は、シモビッチの高さ、永井の早さなど、分かりやすいストロングポイントと、楢崎負傷によるGK武田のスタメン起用、小倉GM兼監督の手腕がいまだ未知数なところなど、分かりやすいウィークポイントが混在しているといったところ。



結果的には、監督の手腕はいまだ未知数ではあるが、GK武田は大当たり、シモビッチがらみで1得点、永井がらみで1得点という分かりやすい結果となった。



◇敗戦なので簡潔に箇条書きで



  • あいかわらず熱量不足気味の前半戦で1失点。


  • ディフェンスラインからのビルドアップが弱々しいのが気になる。


  • 小林裕紀のところで、意外性がそぎ落とされ「真面目な」感じになってしまうのが一因か?


  • ビルドアップ時のケレン味のあるプレイはコルテースしかチャレンジしないのでそこが狙われていた。


  • アンカーが攻撃時に、読みづらさをまぶして組み立てのバリエーションを持たせないと、ビルドアップの精度は安定しないものと思われる。


  • 2失点目は小林裕紀の適当にクリアしない「真面目な」パスがカットされて、永井に豪快に決められるという、しょんぼりとしたものだった。


  • 直後の端山の美しいループから反撃の狼煙があがった。


  • が、名古屋GK武田が体をはって立ちふさがり、2点目を許さなかった。


◇守備陣にベテランがいないことの影響について



  • 今季は、大井健太郎の抜けた穴をレンタルバックで埋める補強方針だったわけだが、今のところ裏目に出ている。


  • 技術や戦術的なところよりも、ゲームの流れを読むとか、熱量のコントロールといった戦局的なところでめっぽう弱いのが現状の新潟クオリティ。


  • 舞行龍復帰で多少良くなるかと思ったが、大勢に影響はない模様。


  • 残留争いにむけてのプランBとして、日本人で浮いているベテランDFか、ブラジル人CBをリストアップする必要がありそう。


  • 右サイドバックもなんとかしたいところ。


  • 現メンバーで監督が堅守速攻の指導をするというのもありだと思うが、達磨アルビ的にそれはありなのかどうか。


ともあれ、次節HOME甲府戦で同じような調子だったら、今シーズンは本格的に下に3チームいることを確認しながら過ごすシーズンになりそうだ。

|

« 【生観戦】2016年4月6日ナビスコ杯HOME川崎戦 | トップページ | 【備忘】2017シーズン開幕直前だが、あえていまさら2016シーズンを振り返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130247/63540084

この記事へのトラックバック一覧です: 【録画観戦】2016年4月24日AWAY名古屋戦:

« 【生観戦】2016年4月6日ナビスコ杯HOME川崎戦 | トップページ | 【備忘】2017シーズン開幕直前だが、あえていまさら2016シーズンを振り返る »