« 2019年4月20日AWAY東京ヴェルディ戦観戦メモ | トップページ | 2019年4月28日AWAY水戸戦観戦メモ »

2019年4月28日 (日)

第10節終了時点での勝ち点勘定メモと次節AWAY水戸戦の展望

◇ 第10節終了時点で勝ち点13の11位

 

2019年シーズン第10節は、引き分け2つ。

めずらしくドローゲームが少ない節だった。

3得点以上取ったチームは2チーム。

栃木相手に長崎が3点。千葉相手に横浜FCが3点。

長崎はFW呉屋が点を取っている。GW明けにAWAYで対戦するので要警戒。

引き分け2つなのでリーグ全体で発生した勝ち点は29。

勝ち点1組4チームのうち1チームが新潟なのは昇格戦線的には望ましくない結果。

無敗の水戸が勝ち点を22に伸ばし首位。

  • 勝ち点22:水戸

  • 勝ち点20:大宮

  • 勝ち点19:甲府

  • 勝ち点18:山形、柏

  • 勝ち点16:琉球

  • 勝ち点15:金沢、岡山、、京都

  • 勝ち点14:長崎

  • 勝ち点13:新潟、横浜、町田

新潟は9節終え11位。勝ち3、分け4、負け3。首位との勝ち点差は9。

監督交代の初戦は、内容は悪くないが勝ち点的には厳しい結果となった。下位チームとの勝ち点差が詰まってきているのが辛いところ。

2017降格組の甲府、大宮のエンジンがかかりはじめているのが不気味。

特に大宮は連勝中でいやな感じだ。

 

◇ 次節への展望

 

水戸は敗けなしの首位。

事前情報だと攻守に手堅い模様。

監督は2年目の長谷部茂利。ヴェルディ川崎に在籍していた長谷部だ。

アルビレックスサイドの見所は、

  • 吉永監督はやくも正念場。ここで勝利しないと昇格戦線的にも興行的にも苦境。逆に勝利すれば展望がひろがる大一番。

  • シルビーニョ、カウエという2枚の大駒の使い方が整理されたか?

  • 特にカウエは、相手チームのスカウティングで対策が進んでいる模様。攻撃面での怖さが欲しいところ。

  • 矢野貴章は復帰するか?

よそさまの対戦カードはというと、

  • 土曜日開催で山形が勝利し、長崎、甲府、琉球、町田が引き分け。

  • 日曜開催組は上位勢の直接対決はないので、新潟が勝って大宮が千葉に勝つと大宮が首位に踊り出ることになる計算。千葉がんばれ!

新潟は、勝ち点3確保できると勝ち点16となる。

土曜日開催分を反映すると最大7位まで上昇できるが、敗けると16位くらいまで沈む目もある。スリリング。

吉永監督2戦目の大一番、上昇気流に乗りたいところだ。

 

« 2019年4月20日AWAY東京ヴェルディ戦観戦メモ | トップページ | 2019年4月28日AWAY水戸戦観戦メモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年4月20日AWAY東京ヴェルディ戦観戦メモ | トップページ | 2019年4月28日AWAY水戸戦観戦メモ »