2009年3月10日 (火)

capsule club tour more!more!more! in 新潟LOTSと、ちょっとアートサイト岩室温泉2009の話

一昨年くらい前、映画『パプリカ』の音楽を担当した平沢進にびびっときて、そこからテクノ流れでcapsuleを知り、ここ2年くらい中田ヤスタカの音楽をやたらとパワープレイしている。

MEGとかPerfumeとかCOLTEMONIKHAとか鈴木亜美とか土岐麻子(君に胸キュンのカバーだけじゃん)とか。


そんで、偉大なるcapsule様が、新潟に来るというので、職場の中田リスナーと新潟LOTSのチケットを取ったものの、昨年に続き、例によってクラブ仕様なのである。

クラブといってもチイママとかがいる方ではなく、ダンシンオールナイ(古語)な方のクラブね。

クラブというのは、まぁぶっちゃけていってしまえば、切れ目なく音楽は鳴り続け、聴衆はひたすら身体を動かし続けている場である。なんの思い入れもない表現だな。

リズムにあわせて踊り続けるというのは、ホモ・サピエンスに共通の一つのスタイルであり、新潟の湊祭なども、もともとはそういう祭だったらしい。

自分自身も夜通し行う祭の調査などもしたことがあり、こういったものが一つのスタイルであることは重々承知している。

しかし、若いホモ・サピエンスといい年のホモ・サピエンスでは、いくら同じ種とはいえ、連続活動時間等の基本性能は大きく異なるのである。

長く続いている夜祭りなどで、要所要所に「直会(なおらい)」などの休憩時間を挟んで、老若男女の体調の同期をとっているが、現代のクラブにはそういった人類の叡智が生かされていない。

正直、いい年の人間にはとても辛い。

1900開場のLotsに入ると、案の定前座的なDJのプレイが3時間くらい続く。

それはそれで興味深く、若い衆はとび跳ねたりして、たいへん元気なのであるが、こちらはしのびよる腰痛との戦いである。

しかも、途中から重低音の連続のダメージが聴覚に蓄積されてきて、中音域が聞きづらくなるという症状も出始める。

お目当てのcapsuleを拝む前に、はやくも満身創痍。

「いい加減もうだめ」な状況になってようやくヤスタカ氏登場。

ひとしきりソロでやったのち、コシコ登場。

コシコは相変わらず、というかパワーアップしてお人形さんのようにキュート。

一同大いに盛り上がる。

最新アルバムの「more!more!more!」と「sugerless girl」「Flash Back」あたりの楽曲が中心で「capsule rmx」などからの楽曲もあった。

当然、初期の「東京喫茶」とか「music controller」などの楽曲はなし。

いっぺん生で聴きてぇなぁ。

印象に残ったのは曲は、自分でも意外だったのだが「Starry Sky」。

重低音がでかいスピーカーで聴くとすさまじく、曲調の展開具合が、ああいった薄暗がりに密集する群衆にとてもマッチしていた。

サビの次の部分のメロディにスクラッチ音の混じった印象的な高音があり、そこがきっちりと聞こえていたらいうことなしだったのだが、スピーカーの問題なのか、こちらの耳の問題なのか、低音部の音圧に負けてあまり聞こえなかった。残念。

あと、more!more!more!の強烈なイントロへのつなぎ方も、茶目っ気があってよかった。

クラブサウンドで多用される四つ打ちのリズムというのは、ホモ・サピエンスの共通APIに基づいている感じがあって、なっていると強制的に身体が動かされてしまうわけだが、中田サウンドは、そこに、絶妙に違和感のある音波を乗っけてくるところが心地よいのだと思った。

単純に美しいメロディだけではあそこまで印象には残らないだろう。

自分的に発見だったのは、縦ノリになると、腰が痛くてもわりと自動的に跳ねられたこと。

これはゴール裏で培われた条件反射みたいなものなのだろう。

ジャンプの質が微妙にゴール裏っぽくなっているような気もした。

疲労感と高揚感がごっちゃになったなんともいえないいい気分で閉幕。

2400時近くになって、よれよれになってLOTSを出る。

他の都市では朝までやっていたりしたらしいので、まったく頭が下がる。

で、翌日は痛めた腰を癒そうと、岩室温泉「だいろの湯」へ。

このあたりは年齢相応な感じ(笑)。

岩室温泉はちょうど武蔵野美術大学と組んでアートサイト2009というのをやっていたので少し散策する。

天地人の幟と、アート作品と、温泉街の看板が入り乱れる不思議な風景がひろがっていて面白かった。

温泉街と小規模なアートイベントというのは、多分相性がよいのだろうな。

「だいろの湯」にじっくり入って、クラブ疲れをじんわりと癒し帰宅。

capsuleも、温泉街でやってくれれば、湯治しながらじっくり聴けるのにと思った(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

「~ガール」でイレブンを組んでみた──Perfume『GAME』評にかえて

今朝は雨が降りそうなので、iPodShuffleにいれたPerfume『GAME』のご機嫌なナンバー(古語)を聴きながら、てくてく歩いて出勤したわけだが、「セラミックガール」、「Take me takeme」、「シークレットシークレット」という一連の構成が破壊的なまでに素晴らしく、このままアルバムを聞き続けるために年休を出そうか、と半ば本気で思ってしまうほどであった。

そんなわけで、昨晩からヘヴィ・ローテイションなPefumeのニューアルバム『GAME』を評して見ずにいられようかという気分なのである。

もっとも、そのまま大絶賛していても芸がないので、セラミックガールにちなみ、「~ガール」というタイトルをもつ作品でスターティングイレブンを組んでみた。

◇K:中島みゆき「グッバイガール」

いきなりネガティブである。曲の出だしも「グッバイガール/はじめから、さよなら目当て~」みたいなところで鉄壁である。オリバー・カーンなイメージ。

◇右SB:フラガール(映画)

蒼井優主演。アップダウンが激しい上にテクニカル。往年の堀池巧のイメージか。

左サイドのきたかんつなガールよりも上がり気味にポジショニング。

北関東と南東北の関係だからね。

フラガールに関するエントリ──「2006年10月映画『フラガール』・第二次産業(鉱業)・「美しい国」」

◇CBドリームガール(ズ)(映画)&モップガール(TVドラマ)

鉄壁な感じの千代反田フレーバーなドリームガール(ズ)と、スィーパーなモップガール(北川景子主演のコメディ)のコンビ。

もちろんモップだからスィーパーという短絡的な発想である。往年の井原みたいな感じだろうか。

2007年2月「ドリームガールズと脳味噌の中の引き出し」

◇左SB:きたかんつなガール(ズ)(高速道路のキャラクター)

ガール界ではルーキー。上里SAで発見し、あまりのサザエさんフレーバーに衝撃を受ける。

ネットでホームページをチェックしたら、チアみたいなリアルガールズたちが追加されていた。がんばれ北関東。

これが、きたかんつなガールズのホームページだ!

◇DMF:山下達郎「高気圧ガール」

ものすごい運動量を誇っていそう。

ちなみにJ2時代のAWAY自走ツアーのとき、あまりに暇なので、「今だれが一番高気圧ガールか?」という議題でしばし討論し、若槻千夏という結論に達したのも、いまとなってはスウィートメモリーズだな。

イメージ的には本間勲か。

◇DMF:結城浩「数学ガール」(小説)

前目のゲームメーカーなイメージ。開始数ページでフィボナッチ数列が出ちゃうほどのインテリジェンス。イメージは山口素弘。

◇8左SH:capsule:「プラスチックガール」

素材系のガールの1番手。

個人的にはこの曲とIdolfancyでcapsuleの第一波攻撃の直撃を喰らいました。

Pefumeの『GAME』2曲目にplastic smileというナンバーが入っているが、関係あるのかないのか?

しかし「なにか外れた!」という歌詞は年頃の女子に歌わせる歌詞ではないと思います。

◇右SH:Perfume:「セラミックガール」

素材系のガール2番手。

どのあたりがセラミックなのかさっぱり分からない名曲。

京セラみたいなイメージでいいのか。パープルサンガなのか!

『GAME』7曲目。

ご先祖にはマドンナの「マテリアル・ガール」がいるのだろうなぁ。「物質的な少女」と訳していた14歳の頃を思い出す。

◇FW:capsule:「Sugerless Girl」

素材系ガールの3番手

2月に新潟にcapsuleが来たとき生で聴いた神曲。

秋頃ニコニコ動画のコメントで「こしこ、かわいいよ、こしこ」というフレーズをものすごい勢いで流している人を見て「心病んでるんじゃないの」と思っていたのだが、生で「こしこ」こと「こしじまとしこ」を見て、まったく同じ反応をしている自分がいたのであった。

ほんと、俺が潜水艦だったら即、圧壊深度というくらいに直撃を喰らいましたよ。

こしこ、かわいいよ、こしこ

◇FW:Perfume「リニアモーターガール」

Perfumeの近未来テクノユニットという、なんだかな方向性を定めた名曲。

リニアモーターっていうのは、L特急とかに憧れていた幼年期の夢のフレーズだったわけだけれども、そいつにガールをくっつけたところに素晴らしさがあると、しみじみ思います。

個人的には、やや傷心な気分のときにヘッドフォンごしに聴いて、「そうだよな、リニアモーターだよな、マグレブ方式だよな、がんばろう」と勇気づけてくれた(どんなだ)曲です。

◇総括

ってなわけでわりと簡単にイレブンを組めてしまったわけだが、中田ヤスタカの音の最新版でもある『GAME』は素晴らしいアルバムなので、みんなきっちりと購入して正座して聴かれよ。

◇追記

『GAME』9曲目のシークレットシークレットのMVの振り付けは明らかにジョジョ風味なのだが、そう感じる人は少数派なのだろうか?

youtubeでシークレットシークレット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

「特命係長 只野仁」のサントラ盤「音の美学」を聴きながら

「オリビアを聴きながら」であれば杏里だが、私が今聴いているのは「特命係長 只野仁」のサントラ盤「音の美学」である。

手元には、タカハシカツノリ演ずる「只野仁」の様々な表情と肉体美が、わりと適当げに配置されているジャケットのCDがある。

かなり、とほほな感じ、である。

より強く表現するなら、堺進のナンデカフラメンコ的な茫然自失といってもよい。

この手のCDは、多くの場合、酔っぱらってamazonをブラウズしているときに買ってしまうものであり、実際、そのように購入したものである。

まぁ、買い方はともあれ、買った後もそれなりに聴けてしまうCDであることは多いのだが、このCDは明らかに異質である。

なぜか?

それは、きょうび珍しい、ドラマの名台詞が、これでもかと詰め込まれている「ドラマ盤」仕立てだからである。

しかも、只野仁のだ、、、

どのようなシチュエーションで聴くことを想定されて製作されたのだろうか?

わけがわからない。

しかし「特命係長 只野仁オープニングテーマ」は、きわめて優れた楽曲である。

21世紀に入っても、この列島の上で

「シャバダバッ、シャバダバッ、ハァ~~ン」

という終わり方の楽曲が、公共の電波に乗っているということは、喜ばしいことではないだろうか。

そうでもないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ピコピコ音楽と言語化について

ここ2週間ばかり企画展の準備の手伝いでストレスフル&多忙な日々を過ごしていたのだが、めでたくopeningを迎え、それなりに余裕が出来たので、さぼっていたジョギングを再開した。

で、せっかくだからということで、ipod-shuffleに、最近手に入れた平沢進のpapricaのサントラに入っている「媒介野」という曲を入れて走ろうと思い、PCからインストールしたつもりでやすらぎ堤を走り始めたら一曲前の曲を入れていたことが判明し、ちょっと残念な気分になった。

この「媒介野」という曲は、なんともご機嫌なナンバーなのだが、私の貧困な音楽ボキャブラリーでは「ピコピコ音楽」としか表現できないジャンルの楽曲である。

こういうとき、しみじみと音楽語彙が豊富であれば、「みんなにこの心地よさを伝えられるのに!」と思う。

しかし、言葉で伝えられるような心地よさであれば、「言葉で伝えればいいじゃん」ということなわけで、そこにはジレンマが存在する。

「とにかく、聴いてみなはれ!」としかいいようのない心地よさというのは確実にある。

例えば、最近レンタルビデオ屋で、まとめ借りしている、「攻殻機動隊.S.A.C Second.GIG」のopeningのスネアドラム2発のかっこよさは尋常ではではないのだが、これを言葉で伝えるのは、とても難しいし、多分マニアックすぎる。

こういった別に共有したいとも思わないけど、共有できるととても幸せ、といったカテゴリーの事象を、言語化するというのは、とても繊細でリスキーなことなんだろうな、と思いつつ、とりあえずエントリしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)